選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

民主党予備選候補者とトランプ大統領の最新支持率、サンダース氏が党内トップに

アメリカの政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、2月4日から2月11日までの期間において、2020年大統領選民主党予備選候補者の各種世論調査での支持率平均は、バーニー・サンダース上院議員が23.6%、ジョー・バイデン前副大統領が19.2%、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が14.2%、エリザベス・ウォーレン上院議員が12.4%、ピート・ブーテジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長が10.6%、エイミー・クロブシャー上院議員が4.6%などとなった。

サンダース氏がバイデン氏に代わって支持率トップに立った一方で、ブルームバーグ氏とのブーテジェッジ氏の支持率が急上昇していることが分かる。ブーテジェッジ氏と共にアイオワ・ニューハンプシャー両州で躍進したクロブシャー氏に関しては、支持率の上昇がまだ反映されていない。

主要候補者の中で、党内左派に属するのがサンダース氏とウォーレン氏、中道派に属するのがバイデン、ブルームバーグ、ブーテジェッジ、クロブシャーの各氏である。左派の中ではサンダース氏に支持が集約されつつあるが、中道派に関しては苦戦が伝えられるバイデン氏に代わって、ブルームバーグ、ブーテジェッジ、クロブシャーの3氏への支持が拡大している。2月中に行われる予備選挙・党員集会にはブルームバーグ氏は参加しないので、アイオワ・ニューハンプシャー両州ではブーテジェッジ、クロブシャー両氏が中道票を分け合う形になった。しかし、3月3日のスーパーチューズデー以降はブルームバーグ氏も参加するので、中道票が分散され左派票をまとめつつあるサンダース氏に有利に働く可能性がある。

一方、1月26日から2月11日までの期間において、トランプ大統領の各種世論調査での支持率平均は45.3%で不支持が52.0%となった。前回(1月16日から2月5日までの期間)よりも支持が0.1%上昇し、不支持は0.2%上昇した。支持から不支持を引いた値は-6.7%となり、前回(-6.6%)とほとんど変化がなかった。

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

  1. ppp
  2. 320px-NHKから国民を守る党_ロゴ
  3. 문재인 대통령이 26일 오후 청와대 본관 집무실에서 추석 맞이 영상메세지를 촬영하고 있다. 2017.9.26
  4. Agnès_Buzyn_2018-04-06_lancement_stratégie_autisme_2018-2022
  5. question answer flat design modern icon with long shadow for web and mobile app
  6. Dollarphotoclub_82294235
  7. 総務省 ふるさと納税ポータルサイト
  8. question answer flat design modern icon with long shadow for web and mobile app
  9. Photo Mar 25, 20 19 09
  10. ec1f16ca15f4bed465daf9768c53f1f0_s
ページ上部へ戻る