選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

民主党予備選、サンダース氏の支持率が上昇。バイデン氏との差が縮まる

アメリカの政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、1月13日から1月23日までの期間において、2020年大統領選民主党予備選候補者の各種世論調査での支持率平均は、ジョー・バイデン前副大統領が28.9%(前回比+0.6%)、バーニー・サンダース上院議員が22.7%(前回比+1.9%)、エリザベス・ウォーレン上院議員が14.6%(前回比-1.4%)、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が7.6%(前回比+1.8%)、ピート・ブーテジェッジ 前インディアナ州サウスベンド市長が7.5%(前回比-0.1%)などとなった。

サンダース氏とブルームバーグ氏の支持率の上昇が目立つ一方で、ウォーレン氏とブーテジェッジ氏は停滞または下降傾向にあり、バイデン氏は安定している。特にサンダース氏の支持率はここのところ上昇傾向にあり、バイデン氏との差が縮小している(6.2%)。

2月から行われる党内候補者選びでは、現在のところ初期に行われる4州のうちアイオワ、ネバダ、サウスカロライナの3州ではバイデン氏が、ニューハンプシャー州ではサンダース氏が支持率平均でトップに立っている。しかし、アイオワ州とニューハンプシャー州ではどちらが勝ってもおかしくない状況が続いており、バイデン氏が4州全てで勝利すれば指名獲得に大きく弾みがつくし、サンダース氏が2州で勝利すれば3月のスーパーチューズデー以降の逆転に弾みがつくだろう。

一方、トランプ大統領の各種世論調査での支持率平均は44.5%で不支持が52.0%となった。前回よりも支持が0.1%上昇し、不支持は0.9%減少した。

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

  1. 74bc150818bf94a28130c877e896aaf4_s
  2. trump_2
  3. THEVOTE_LOGO_SQUARE
  4. 200px-Kokumin_Minshutō_Logo
  5. 320px-NHKから国民を守る党_ロゴ
  6. 1024px-World_Economic_Forum_logo_wihte
  7. osaka
  8. Bernie_Sanders_(19197909424)_(cropped)
  9. sin220160717552721_TP_V
  10. 総務省 ふるさと納税ポータルサイト
ページ上部へ戻る