選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

生活・主浜了氏が引退表明、後継は木戸口英司氏か

今夏の参議院議員選挙岩手選挙区で、野党各党が統一候補として擁立する方向だった、生活の党の主浜了参議院議員(66)は27日、岩手県内で記者会見を行い、次の参議院議員選挙への立候補を見送り、引退することを表明した。

記者会見で主浜氏は、立候補を見送るの理由について「深刻な症状である家族の介護と政治活動は両立できない」と説明。主浜氏は現在2期目の現職で、生活の党や野党各党は新たな候補者を探すことになる。主浜氏は会見で、「党の理念を受け継ぐ人材に後を託す以外に道はない。」「意中の方に自身の後継をお願いし、内諾をいただいた」と説明したが、詳細の言及は控えた。一部報道によれば、達増知事の政策秘書を務める木戸口英司氏(52)が、出馬の準備を進めているとみられている。木戸口氏は2003年の岩手県議会議員選挙に花巻選挙区から立候補し当選、2007年の2期目の挑戦で落選している。

参院選岩手選挙区では、この他に、自民党新人の田中真一氏(49)が立候補を表明しているほか、日本共産党は、党常任委員の吉田恭子氏(35)の擁立を決定しているものの、主浜氏との政策協定が締結されれば、擁立を取り下げることを言及していた。今回の主浜議員の引退で、再度の政策協定が締結できるかどうかに注目が集まっている。

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

メールマガジン配信中

編集部のおすすめ

  1. saigai
  2. 74bc150818bf94a28130c877e896aaf4_s
  3. 1bd6ffab8384621654ba370e41b8b5d8_s
  4. THEVOTE_LOGO_SQUARE
  5. Dollarphotoclub_82294235
  6. 総務省 ふるさと納税ポータルサイト
  7. 071101
  8. 第24回参議院議員通常選挙(比例代表)全投票における自民党の得票割合
  9. swarabi2
ページ上部へ戻る