選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

田母神容疑者、東京都知事選での公選法違反の疑いで逮捕

東京地検特捜部は14日、田母神俊雄容疑者(67)と、当時の選対事務局長である島本順光容疑者(69)を公職選挙法違反容疑で逮捕した。

おととし2014年2月の東京都知事選後に運動員に報酬を配ったとして、運動員買収の公職選挙法違反の疑い。
公職選挙法では、選挙運動員への報酬支払いを原則として禁じており、報酬を受け取った側も刑事責任を問われる。ただし、はがきの宛名書きをする等、単純作業をする人や、運転手、うぐいす嬢においては、選挙管理委員会に届け出れば、一定限度の範囲で報酬を支払うことが認められている。

田母神容疑者の資金管理団体「田母神としおの会」の政治資金収支報告書によると、2014年に元会計責任者の資金横領による「使途不明金」として約5054万円が計上されており、田母神氏は元会計責任者を告訴。しかし、田母神氏本人と選対事務局長も流用に関与していた疑いがあると、陣営の選対本部長ら選対幹部が告発していた。使途不明金約5054万円の一部が、陣営関係者に配られたとされる。

東京都知事選後、選挙対策事務局長が「選挙を頑張ってくれた人たちにお金を払いたい」と10人の氏名と配布額(計約2000万円)をまとめたリストが作られ、田母神容疑者はこれに了承したという。
先日、田母神容疑者は、陣営の関係者に現金を配ることを「了解した」と話してる、この様子が録画されていたことがわかっていた。

田母神容疑者、島本順光容疑者、両名は、有罪が確定した場合、公職選挙法第221条1項1号違反の疑いとして、4年以下の懲役、若しくは禁錮または100万円以下の罰金に処せられる。

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

  1. Emanuel
  2. trump_2
  3. US_Flag
  4. saigai
  5. THEVOTE_LOGO_SQUARE
  6. THEVOTE_LOGO_SQUARE
  7. ec1f16ca15f4bed465daf9768c53f1f0_s
  8. US_Flag
  9. 蔡英文官方元首肖像照
  10. osaka
ページ上部へ戻る