選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

クルーズ船の乗客では初、日本人男女2人が死亡

新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた日本人の80歳代の男女2人が死亡したことが20日、政府関係者の話で分かった。同船の乗客の死亡が確認されたのは初めて。国内で感染者が死亡したのは、今月13日の神奈川県在住の80歳代女性に続き、計3人となった。

関係者によると、死亡したのは87歳の男性と84歳の女性。男性は11日に神奈川県内の病院に、女性は12日に東京都内の病院にそれぞれ搬送され、入院していたが、20日に死亡が確認された。いずれもウイルス検査で陽性反応が出ており、呼吸器や血液の持病があったという。

同船は3日夜、横浜港に帰港し、5日に10人の感染者が確認されて以来、船内の感染者数は増え続けた。乗客・乗員3711人のうち、19日までに日本人270人を含む計621人の感染が確認されていた。同日時点で集中治療室などで治療を受けている重症者は、日本人15人を含む計29人に上っていた。

一方、クルーズ船では20日、前日に続き乗客の下船が行われた。厚生労働省によると、19日には高齢者を中心に443人が下船。20日はさらに日本人と外国人各約250人ずつ、計約500人が船を下りる。21日までに乗客の下船を終える見込み。

下船の対象となっているのは、発熱などの症状がなく、ウイルス検査で陰性だった乗客。大黒ふ頭にはこの日も、下船する乗客を送る「貸切」のバスが待機。午前10時半頃から下船を始めた乗客たちはキャリーバッグを引っ張るなどしてバスや迎えの車に乗り込み、それぞれの自宅などを目指した。

ニュースソース:読売新聞など

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

ページ上部へ戻る