選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

「ウクライナ航空機墜落はイランの地対空ミサイルが原因」とカナダ首相が発表

カナダのジャスティン・トルドー首相は、9日の記者会見で、カナダとその同盟国の情報機関から得られた情報を判断した結果、テヘラン空港を飛び立った直後にウクライナ国際航空機が墜落した原因は、イランの地対空ミサイルが原因であると考えられると述べた。また、撃墜は故意でないとの見方を示した。墜落により死亡した乗客乗員176人のうち63人はカナダ人であった。

なお、トルドー首相の記者会見に先立ち、アメリカの主要メディアはアメリカ政府当局者の話としてイランの対空防衛システムが同機を誤って撃墜した可能性が強いと伝えていた。

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

ページ上部へ戻る