選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

サンダース氏、必要なら軍事力行使いとわず。台湾防衛にも言及

米大統領選の民主党候補指名争いで連勝し勢いづく急進左派のバーニー・サンダース上院議員(78、バーモント州選出)は、23日の米テレビインタビューで、大統領に選出された暁には米国の利益保護と同盟国支援のいずれの目的であっても、正当な理由があれば「間違いなく」軍事力を行使すると述べた。

「民主社会主義者」を自称するサンダース氏には、外交・安全保障政策をめぐって厳しい目が向けられている。かねて平和主義者ではないと主張している同氏は、23日放送の米CBSの報道番組「60ミニッツ(60 Minutes)」で、米軍の最高司令官に就任したらどのような状況で出動命令を出すかを問われ「もちろん、米国民が脅威にさらされているときだ。同盟国に対する脅威もだ。私は、北大西洋条約機構(NATO)を信じている」と答えた。

もし台湾が中国から攻撃を受けたら軍事行動を命じるかとの問いには、「ああ」と肯定の返事をし、「というのも、わが国は侵略の起きるのをただ座して許すことは絶対にないと、世界中の国々にはっきり示さなければならないと考えている」と説明した。
また、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領のように、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と会談する意向も明らかにした。

ニュースソース:AFP通信、時事通信など

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

ページ上部へ戻る