選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

バー司法長官が辞任を検討、ワシントンポスト紙が報道

米ワシントン・ポスト紙は18日、バー司法長官が辞任を検討していると伝えた。トランプ大統領が司法省の捜査についてツイートしたことが原因という。

同紙によると、バー長官はトランプ氏に近い複数の人物に自身の懸念を伝えたが、バー長官が直接トランプ氏に懸念を伝えたかは不明。バー長官に近い筋は同紙に「彼には彼の限界がある」と述べた。前週、バー長官はインタビューで、トランプ氏のツイート癖により職務が遂行できなくなっていると述べていた。

同紙は、バー長官はトランプ氏に近い人々に自分の立場を伝えることで、トランプ氏が司法省の捜査に関するツイートをやめることを期待している可能性があるとしている。ホワイトハウスと司法省のコメントはとれていない。

トランプ氏は18日、バー長官に全幅の信頼を置いていると発言した。

司法省の1000人以上の元当局者は16日、インターネット上に掲載された公開書簡で、トランプ大統領の盟友ロジャー・ストーン被告の裁判で同省が求刑を撤回したことを批判、バー司法長官に辞任を求めた。

ニュースソース:ロイター通信など

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

ページ上部へ戻る