選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

クルーズ船、残る3600人余の下船者の検査検討。加藤厚労相

新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船をめぐり、加藤厚生労働大臣は国内での感染拡大を防ぐため、船内に残る3600人余りの乗客と乗員について、下船する人を対象にウイルス検査を行うことも検討していく考えを示した。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では9日夜、新たに6人の感染が確認され、横浜港沖に停泊して以降、70人の感染が確認されている。

加藤厚生労働大臣は閣議の後の記者会見で、残る3600人余りの乗客乗員について、健康状態を確認するため、原則として今月5日からの14日間は、客室などで待機してもらう方針に変わりはないという考えを示した。

そのうえで、「これだけ船内でいろいろな感染もある。船を出るときにもう一度チェックすべきという声も受け止めながら、検査する場合の対応や、できるかできないか、詳細な検討をしている」と述べ、下船する人を対象にウイルス検査を行うことも検討していく考えを示した。

一方で、加藤大臣は「何人に検査をするのか、どのくらいの検査能力があり、どのくらい日数がかかるのか、いま検討している。できるのであればやりたいが、今の段階で『できる』と断言できる状況ではない」と述べた。

また「下船時に検査するなら、結果を待ってから下船することになる」と述べ、ウイルス検査を行う場合、船内で待機する期間がさらに延びる可能性を示した。

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、クルーズ船でのウイルス検査について、「検査の処理能力などを踏まえ、優先度の高い人に実施しており、おとといからは、新たに呼吸器症状や発熱の症状を示している人について検査を行っている」と述べた。

そして、乗客乗員全員に検査を実施するかどうかについて、「1日の処理件数に一定の限界がある。検査態勢の拡充にも取り組んでいるが、地域で疑わしい症例を検査し、発生状況を見極めていくためには、バランスも念頭に置きながら対応していく必要もある」と述べた。

そのうえで、菅官房長官は「今月5日以降、乗員乗客に感染を予防する行動を徹底しつつ、客室で待機してもらうことで、船内全体の感染リスクを下げているところだ」と述べた。

また、必要な医薬品の不足が指摘されていることについて、「申し出を踏まえ、例えばインスリンなどの緊急性の高い医薬品150人分をきのうまでに配布した。また、きのうまでにおよそ600人分の医薬品を船内に搬入し順次配布している。本日以降も速やかに対応していく」と述べた。

ニュースソース:NHKなど

 

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

  1. Logo.The_Constitutional_Democratic_Party_of_Japan
  2. THEVOTE_LOGO_SQUARE
  3. sin220160717552721_TP_V
  4. 1024px-World_Economic_Forum_logo_wihte
  5. US_Flag
  6. THEVOTE_LOGO_SQUARE
  7. THEVOTE_LOGO_SQUARE
  8. 33174dd28c28094b52a54fd7d1c029b8_s
  9. PAK75_kokkaimaenodouro20140905154343_TP_V
ページ上部へ戻る