選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

11月の訪日外国人が前年比0.4%減、韓国人客は65.1%減。来年の政府目標達成は厳しい状況に

日本政府観光局(JNTO)は18日、2019年11月の訪日外客数 (JNTO推計値)を発表し、前年同月から0.4%減の244万1300人だった。二か月連続の前年割れで、このままのペースだと2019年の訪日外客数は3200万人前後となり、政府が目標としている来年2020年の訪日外客数4000万人達成は極めて厳しい状況となった。

減少の理由は、日本政府による輸出管理の厳格化をきっかけに日本製品不買運動が広がった韓国からの訪日客が著しく減少したためで、韓国人客は前年比65.1%減であった。 韓国以外の国からの訪日客に関しては全般的に好調であり、中国が前年比21.7%増、フィリピンが同38.0%増、タイが同36.3%増、アメリカが同17.3%増、オーストラリアが同21.2%増、イギリスが同37.5%増などであった。

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

ページ上部へ戻る