選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

安倍内閣の支持率が軒並み下落、一方で立民・国民合流は期待されず

先週末行われたマスコミ各社の世論調査において、安倍内閣の支持率は軒並み下落した。

共同通信社が14、15両日に実施した全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は42.7%で11月の前回調査から6.0%減った一方、不支持率は4.9%増の43.0%となり支持率を上回った。政党支持率は自民党が36.0%、立憲民主党は10.8%だった。

FNNが14、15両日に実施した全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は3カ月連続で下がり43.2%、支持しない人の割合は11月より2.6%増え40.3%だった。政党支持率は自民党37.9%、立憲民主党8.9%だった。

読売新聞社が13-15日に実施した全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は48%で前回より1%減少した一方、不支持率は4%増の36%となった。政党支持率は自民党37%、立憲民主党6%だった。

ANNが14、15両日に実施した全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は40.9%で11月の前回調査から3.5%減った一方、不支持率は6.3%増の40.6%となった。政党支持率は自民党が45.6%、立憲民主党は9.8%だった。

なお、読売新聞社の世論調査によると、旧民進党から分裂した立憲民主党と国民民主党が合流を目指す動きに関しては、2党の合流に「期待する」は30%で。「期待しない」の55%を大幅に下回った。

「TheVote」担当記者

「TheVote」担当記者ジャッグジャパン報道事業部

投稿者プロフィール

ジャッグジャパン報道事業部は、主に「政治」や「選挙」に関する事件、記者会見などの取材、速報記事配信、記事提供を担当しております。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

編集部のおすすめ

ページ上部へ戻る