選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

参議院選挙と野党共闘路線の今後

先日の参議院選挙は自公両党が改選過半数の61を大きく超える70議席を獲得する結果となり(自民56、公明14)、非改選を含めると、いわゆる「改憲勢力」が衆議院だけでなく参議院でも2/3の議席を占有する状況になった。当然、自公連立政権の大勝という見出しが新聞各紙の一面を賑わしたが、実はどの主要政党も負けたとは言えない不思議な選挙結果になっている。すなわち、いずれの主要政党も前回2013年の参議院選挙と比べて大きく負けていないか議席数を伸ばしているのである。

特に民進党に関しては、保守系のマスコミを中心に「敗北」と書かれていたが、実態としては思いがけない勝利と言ってよいほどである。民進党は言うまでもなく民主党の後継政党だが、旧維新の党からの合流者に民主党出身者が多いことを考えれば、民主党の看板のかけ替えだとみなした方が適切である。よって今回の民進党の獲得議席32を旧民主党の前回・前々回(2010年)の獲得議席と比べてみると、与党だった前々回の44からはマイナス12であるが、前回の17議席からは議席数を倍近く伸ばしている。特に前回は旧民主党が候補者を擁立した19の1人区すべてで敗北したが、今回、その多くが民進党系だった野党統一候補は11勝21敗となっている。勝ち数/負け数が5割以上となっているのは注目に値することである。特に東日本では野党候補の一本化は大きな成果をあげたと言ってよいであろう。一方で、西日本では民進党はいまだ低迷のなかにある。特に大阪・兵庫では非改選分も含めて議席を失っている。

今回、6議席を獲得した共産党に関しては、前々回の3からは議席を倍増させているものの、前回の8からは2議席減となっている。予想されていたほど議席が伸びなかった理由については分析が必要である。仮説としては、野党共闘の枠組みができていない前回の13年選挙では反自民票が共産党に多く流れたが、野党共闘が進んだ今回は一定数が野党第一党である民進党に戻ったことが考えられよう。そうだとすれば、野党共闘の原動力となった同党としては皮肉な結果だといえる。

一方で、安倍政権は改憲を実現させるために様々な手を打ってくると予想される。最大の目標は9条の改正であろうが、最初からそれを進めず野党が反対しにくいような条項から改正手続きを進めることも考えられる。また、同時に複数の条項に対して改正を行おうとするかもしれない。いずれの場合においても、野党共闘路線に不満を持っている民進党の保守系議員に揺さぶりをかけてくることは十分に考えられる。

野党統一候補で戦う都知事選の結果と、それを受けての9月の民進党代表選の結果を見なければ確定的なことは言えないが、民共を中心とする野党共闘路線は継続されると考えた方が自然である。民進党全体としては改憲そのものに否定的ではないにせよ、政治的スタンスが大きく異なる安倍政権の下での改憲に協力することは野党第一党としての存在意義を失わせかねない。
一部の保守系議員の離反は考えられるが、1.憲法改正が喫緊の政治課題であるとは思えないこと、2.野党が対案路線をとって継続的な成功を収めた事例を探すのが難しいことから大きな動きにはならないだろう。また一方で、今回思ったほど議席が増えなかった共産党についても、自分たちが音頭をとってきた以上、その路線を変更することは難しいであろう。

それゆえ、改憲を進める自公vsそれに反対する民共という構造が次の衆議院選挙に向けても続きそうである。野党がこの路線で国民の多数派からの支持を得られる可能性は少ないかもしれないが、民進党に関してはそこから離れた場合に失う支持はもっと多いとも考えられる。野党共闘を前提とした場合、少なくとも今より多くの支持を得るためにはやるべきことがある。それは野党としての統一政権構想を打ち出すことである。これに関しては、特に民進党は党として望ましいと考えている政策と政権構想を切り離して考える必要がある。また、仮に野党が次の衆議院選挙で勝ったとしても参議院では圧倒的に少数であるため、必然的に大連立を組まざるを得ない。そのことも考慮して政権構想を練ることが必要であろう。

鈴木しんじ

鈴木しんじ東京工業大学リベラルアーツ教育研究院非常勤研究員

投稿者プロフィール

1972年生まれ、東京都中野区出身。東京工業大学博士(理学)。
東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。専門は政治経済学、公共経済学。連絡先はinfo@suzuki-shinji.net (@は半角に書き換えてください。)

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

メールマガジン配信中

最新の告示選挙(選挙期間中)

最新の開票結果

2017年09月17日 投票
美郷町議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
早川町議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
長泉町長選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
長泉町議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月24日 投票
大阪府議会議員補欠選挙:堺市選挙区(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月24日 投票
堺市議会議員補欠選挙:堺市南区選挙区(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月24日 投票
堺市議会議員補欠選挙:堺市西区選挙区(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月24日 投票
堺市長選挙(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月10日 投票
御代田町議会議員選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
岐南町議会議員選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月17日 投票
摂津市議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
胎内市議会議員補欠選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
胎内市長選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月10日 投票
志賀町長選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
八重瀬町議会議員補欠選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月13日 投票
高千穂町議会議員選挙(2017/09/13 投票) 結果
2017年09月17日 投票
阪南市議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月10日 投票
柏原市議会議員選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
松田町長選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
新島村議会議員補欠選挙(2017/09/10 投票) 結果

編集部のおすすめ

  1. 149012d1ced4291320d4fa9c162c23d1_s
  2. osaka
  3. EU_UK
  4. 071101
  5. Facebookページ「イケマキ電話作戦、3万本!!!!」より
  6. saigai
  7. Dollarphotoclub_82294235
  8. question answer flat design modern icon with long shadow for web and mobile app
  9. question answer flat design modern icon with long shadow for web and mobile app
  10. buckingham palace
ページ上部へ戻る