選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

参議院選挙を前に改めて「ねじれ国会」について考えてみる

今夏の参議院議員選挙は7月10日の投開票が有力とのことである。今のところ、各種世論調査を見る限り自公連立政権の優位は変わらず、自公が参議院で過半数割れを起こす状況にはなりそうにない。

しかし参議院選挙は中間選挙的な色合いが強く、特に1989年以降はしばしば与党が参議選挙に敗北し、参議院で与党の過半数割れが生じていた。いわゆるねじれ国会の発生である。今回の参議院選挙でねじれが復活する可能性は低いかもしれないが、過去の問題として軽視すべきではない。何故ならば、参議院の権限自体が二大政党(政治勢力)による政権交代の普及を妨げるメカニズムを内包しているからである。いま改めて、制度改革も含めてねじれの問題点を解消させる方法を考えることは有益であろう。

日本の参議院は多くの国の上院よりも強い権限を有している。基本的には内閣総理大臣の選出・予算案および条約案の承認のみ衆議院の議決が優先されるが、予算関連法案は参議院で可決されなければ成立しない。つまり参議院で過半数を維持できなければ政権運営は非常に厳しくなる。野党は内閣そのものをすぐに倒すことはできないが、内閣をレームダックにすることは簡単にできる。内閣は政治色が強い法案を提出しても可決されないことが目に見えているので、提出法案を野党が反対しにくいような無難な内容のものに絞り込む。しかしこれでは、国民にインパクトを与えることは出来ない。一方で、野党が現職閣僚の問題点を指摘して問責決議を提出・可決させれば、徐々に内閣の支持率は低下する。そして20%を切るとほとんどの内閣は寿命を迎える。「参議院少数」与党による短命内閣が続くことになりやすい。

衆参両院で少数派の野党が政権与党になり、独自色が強い法案を成立させることができるようになるには衆議院一回、参議院二回と三回連続して選挙に勝利しなければならない。2010年から2013年にかけての自民党がそうだったのだが、これは容易いことではない。他方、一回の選挙(またはほぼ同時に行われる複数の選挙)で勝利すれば新しく政権についた与党が十分な権力を手に入れられるようになっている国は多々ある。イギリスでは下院の選挙で勝利すればよいし、アメリカでは大統領選と上下両院の議会選挙が同時に行われる。フランスでは新しく当選した大統領がすぐに下院を解散すれば、与党は勝利を手に出来る構造になっている。

こうしてみると解散が無くしかも権力が強い参議院はいかにも厄介な存在である。これに対して参議院の権限を縮小すべきとか一院制にすべきという意見は昔から存在しているが、権限を奪われる参議院議員からは猛反発が予想され、実現は容易ではないであろう。では、「参議院少数」内閣を生じさせないようにするには他にどういう方法があるのであろうか。そもそも野党が簡単に協力する存在でない以上、法律的に強制的に野党を政権に参加させるというのは一つの方法である。法律で与党を明記し、仮に(連立)与党が参議院で過半数を押さえられない場合は、参議院第2党以下の政党を議席が多い方から順番に過半数を超すまで強制的に政権に参加させるというのはアイディアの一つとして考えられるであろう。

ねじれの発生を構造的に防ぐには、かなり大規模な制度改革が必要になるだろう。しかし、福田・麻生内閣で民主党が参議院での多数を武器に与党に激しく抵抗し、菅・野田内閣で自民党が意趣返したことを考えれば、長い目で見れば上記のような制度改革を行うことが自民・民進両党にとって特になるかもしれない。

鈴木しんじ

鈴木しんじ東京工業大学リベラルアーツ教育研究院非常勤研究員

投稿者プロフィール

1972年生まれ、東京都中野区出身。東京工業大学博士(理学)。
東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。専門は政治経済学、公共経済学。連絡先はinfo@suzuki-shinji.net (@は半角に書き換えてください。)

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

メールマガジン配信中

最新の告示選挙(選挙期間中)

最新の開票結果

2017年09月17日 投票
美郷町議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
早川町議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
長泉町長選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
長泉町議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月24日 投票
大阪府議会議員補欠選挙:堺市選挙区(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月24日 投票
堺市議会議員補欠選挙:堺市南区選挙区(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月24日 投票
堺市議会議員補欠選挙:堺市西区選挙区(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月24日 投票
堺市長選挙(2017/09/24 投票) 結果
2017年09月10日 投票
御代田町議会議員選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
岐南町議会議員選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月17日 投票
摂津市議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
胎内市議会議員補欠選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月17日 投票
胎内市長選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月10日 投票
志賀町長選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
八重瀬町議会議員補欠選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月13日 投票
高千穂町議会議員選挙(2017/09/13 投票) 結果
2017年09月17日 投票
阪南市議会議員選挙(2017/09/17 投票) 結果
2017年09月10日 投票
柏原市議会議員選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
松田町長選挙(2017/09/10 投票) 結果
2017年09月10日 投票
新島村議会議員補欠選挙(2017/09/10 投票) 結果

編集部のおすすめ

  1. cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s
  2. 071101
  3. ec1f16ca15f4bed465daf9768c53f1f0_s
  4. 149012d1ced4291320d4fa9c162c23d1_s
  5. 自由民主党広報部提供
  6. ec1d995d77e210560e7fbc2170327615_s
  7. EU_UK
  8. osaka
  9. Photo Mar 25, 20 19 09
  10. 各党支持者_170810
ページ上部へ戻る