選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

高校野球での『一校の格差』

春の選抜高校野球が,現在甲子園で開かれていますが,今日は甲子園と選挙について無理やり関係性を見出してみます。

1915 (大正14) 年に73校が参加した第1回大会が開催された夏の風物詩ともいえる伝統ある大会ですが,現在のように東京都と北海道から2校,その他各府県から1校出場するようになったのは1978 (昭和53年) の第60回記念大会です。
それ以来ずっと言われ続けているのは,各都道府県の参加校数により甲子園に出場しやすいところとそうでないところがありる,という現象を生んでいる,いわゆる『1校の格差』問題です。

最激戦区と参加校の少ない県との格差

参考までに昨年第97の回大会での全49地区(北海道と東京は2つあるので47+2=49)の参加校数と甲子園出場までの試合数を考えると,次のようになります:

超激戦区ランキング:
愛知   189校
神奈川  186校
大阪   180校
千葉   170校
兵庫   162校
埼玉   157校
東東京  140校
福岡   136校
西東京  132校
これらの地方大会では参加校が128校以上あるので,甲子園に行くためには最大8回勝つ必要があります。(128=2の7乗)

対して,参加校が最も少ない
鳥取  25校
福井・徳島・高知  31校
の各県の地方大会では,参加校が32校いかのため,1回戦でシードになれば,甲子園まで最小4勝です。(32=2の4乗)

これを選挙区のように格差を出すために,鳥取県地方大会を1とすると,愛知県地方大会との1校の格差は7,56という数字になります。

激戦区を勝ち抜いた学校が本選でも強いのか?

甲子園に出たいが為に地元を離れてはるか遠くの出場校数の少ないところの高校に行くという『野球留学』というものがあるようですが,1978年から30年間の都道府県別勝率をみると:
1位: 大阪府  71,4% (65勝)
2位: 神奈川県 65,1% (54勝)
3位: 和歌山県 62,5% (45勝)
4位: 奈良県 62,2% (46勝)
5位: 東京都  61,4% (89勝,東東京+西東京)
6位: 兵庫県・愛媛県・高知県 59,7% (43勝)
(略)
10位: 徳島県 58,6% (29勝)
(略)
45位: 鳥取県 23,1% (9勝)
46位: 岩手県・富山県 16,7% (6勝)

と,一部の例外があるものの,やはり激戦区を勝ち抜いてきた学校はそのまま甲子園でも強いようです。ちなみに,徳島と高知を含む四国4県はいずれもまだ故郷に真紅の大優勝旗を持ち帰ることができておらず,鳥取と福井については決勝に進出したことがまだありません。

格差を少なくする方法はないものか?

実際の国政選挙では2倍以内が一つの基準となっています。これを高校野球に置き換えると,一番参加校の多い愛知県の189校の半分である95校以上の参加校のない県は,他の県と合同で県予選を行わなければなりません。そうすると実に出場枠49に対して35の地方大会が単独で県予選を開催できなくなってしまいます。特に応援されている方にとっては,自分の県の代表校だから応援しようという気持ちは薄れてしまい,大変つまらないことになりかねません。

神奈川や愛知,大阪などに東京都や北海道同様に2枠設けるという案がありますが,代表校数を増やすと本選の日程が長期化し,プロ野球側と日程の問題が生じてしまい,甲子園を本拠地をする球団を愛してやまない虎党の皆さんをどう説得するかも課題となってきます。また,代表校を増やすことで一日の試合日程がより窮屈になってしまいます。2008年の第90回記念大会では,128以上の参加校のあった6つの府県では,地区を2分割にして代表を2校選出しました。そのため,試合日程も多くなり,開会式が8月2日という史上最も早く開幕しました。

少子化は地方から進む傾向にあることを考えると今後ますます都市部と地方での参加校との格差が進むことは大いに考えられます。

護藤 倭武

護藤 倭武TheVote.jpコラムニスト

投稿者プロフィール

九州生まれ,欧州育ちという経歴を持つ護藤倭武氏は,2016年からTheVote.jpのコラムニストへ加わりました。主に海外の政治動向などを取材しています。
海外の情勢が「なぜ」「どのように」日本へ影響するのか,一方で日本の社会動向はどのように海外で受けとめられているのか,など読者にとってなじみの薄いテーマを分かりやすく説明できるよう,日々精進しています。
現在は取材活動の傍ら,フルタイムの学部生として卒業認定単位の取得と卒論提出に追われる毎日を過ごしています。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

メールマガジン配信中

最新の開票結果

2017年08月26日 投票
本別町長選挙(2017/08/26 投票) 結果
2017年08月20日 投票
安芸市長選挙(2017/08/20 投票) 結果
2017年08月20日 投票
大和村長選挙(2017/08/20 投票) 結果
2017年08月20日 投票
小清水町長選挙(2017/08/20 投票) 結果
2017年08月06日 投票
板野町長選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年08月06日 投票
仁淀川町長選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年08月06日 投票
田野畑村長選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年08月06日 投票
与那国町議会議員補欠選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年08月06日 投票
与那国町長選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年08月06日 投票
印南町議会議員選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年08月06日 投票
富士見町長選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年07月30日 投票
大玉村議会議員補欠選挙(2017/07/30 投票) 結果
2017年07月30日 投票
大玉村長選挙(2017/07/30 投票) 結果
2017年07月30日 投票
美波町長選挙(2017/07/30 投票) 結果
2017年07月30日 投票
五ヶ瀬町議会議員選挙(2017/07/30 投票) 結果
2017年07月30日 投票
太地町議会議員選挙(2017/07/30 投票) 結果
2017年08月06日 投票
楢葉町議会議員選挙(2017/08/06 投票) 結果
2017年07月09日 投票
赤村議会議員選挙(2017/07/09 投票) 結果
2017年07月09日 投票
赤村長選挙(2017/07/09 投票) 結果
2017年07月30日 投票
壱岐市議会議員選挙(2017/07/30 投票) 結果

編集部のおすすめ

  1. saigai
  2. swarabi2
  3. ishida
  4. Facebookページ「イケマキ電話作戦、3万本!!!!」より
  5. 第24回参議院議員通常選挙(比例代表)全投票における自民党の得票割合
  6. 2fb2527317aca1e1823a2f1e5a152859_s
  7. 33174dd28c28094b52a54fd7d1c029b8_s
  8. 071101
  9. 120612-2
  10. ototake_png
ページ上部へ戻る