選挙と政治にフォーカスした深掘りウェブニュースメディア「TheVote.jp」、ジャッグジャパン株式会社提供免責事項お問い合わせ・情報提供

「1票の格差」って?その問題とは?

選挙のたびに問題となる「1票の格差」。
よく耳にはするけど、ぶっちゃけよくわかってない!
ということで、おさらいしてみましょう。

「1票の格差」とは、有権者ひとりひとりが持つ1票の価値が本来同じはずにも関わらず、選挙区によって異なってしまうということです。
それってどういうこと?

「1票の格差」が問題となるのは、衆議院選挙や参議院選挙という国政選挙です。そして「1票の格差」が発生するのは小選挙区です。小選挙区は、全都道府県を295の選挙区(定員が295名なので)に分け、各選挙区から1名ずつ選出するというもの。各選挙区の有権者数が異なることから、有権者の数が少ない選挙区は、有権者の数が多い選挙区に比べて、選挙に勝つために必要な得票数が少なくて済む。つまり、最も有権者数の少ない選挙区と最も有権者数の多い選挙区では、一票の重みが異なり、不均衡が起きてしまう、これが「1票の格差」です。選挙区を地方自治体単位にしているため、有権者の数を全て同じにすることは不可能であることから、必ず「1票の格差」は生まれ、そして問題となるのです。

では「1票の格差」とは、いったい何が問題となるのか。
国政選挙における「1票の格差」が2倍を超えると、裁判所によって「違憲」と判断されます。この是正を正す方法は、有権者数が少ない選挙区の区切りを見直し、議席数を減らすことです。2012年に法案として成立した「0増5減」がそれにあたります。「0増5減」は、有権者数の少ない山梨県、福井県、徳島県、高知県、佐賀県の5県でそれぞれ1議席ずつ減らし、議席増加はゼロ、というもの。しかし、「0増5減」では、依然として2倍近くの格差のままだというのが現状です。

平原友梨香

平原友梨香TheVote.jpコラムニスト

投稿者プロフィール

政治に関して勉強中の初心者のライター。政治や経済のちょっとした疑問などを、ゆる〜い記事でアップしていきます。

次の記事もおすすめ

ヘッドライン

メールマガジン配信中

最新の開票結果

2017年01月15日 投票
大鹿村長選挙(2017/01/15 投票) 結果
2017年01月22日 投票
岩倉市長選挙(2017/1/22 投票) 結果
2017年01月22日 投票
十和田市長選挙(2017/1/22 投票) 結果
2017年01月17日 投票
黒松内町長選挙(2017/01/17 投票) 結果
2017年01月15日 投票
大多喜町議会議員選挙(2017/01/15 投票) 結果
2017年01月15日 投票
大間町長選挙(2017/01/15 投票) 結果
2017年01月15日 投票
臼杵市議会議員補欠選挙(2017/01/15 投票) 結果
2017年01月15日 投票
四条畷市長選挙(2017/01/15 投票) 結果
2017年01月15日 投票
伊勢崎市長選挙(2017/01/15 投票) 結果
2017年01月15日 投票
伊勢崎市議会議員補欠選挙(2017/01/15 投票) 結果
2017年01月22日 投票
山形県知事選挙(2017/01/22 投票) 結果
2016年12月25日 投票
岡垣町長選挙(2016/12/25 投票) 結果
2016年12月25日 投票
南幌町長選挙(2016/12/25 投票) 結果
2016年12月25日 投票
小布施町長選挙(2016/12/25 投票) 結果
2016年12月25日 投票
芦北町長選挙(2016/12/25 投票) 結果
2016年12月25日 投票
寒河江市長選挙(2016/12/25 投票) 結果
2016年12月25日 投票
雲仙市長選挙(2016/12/25 投票) 結果
2016年12月18日 投票
舟橋村長選挙(2016/12/18 投票) 結果
2016年12月11日 投票
宜野座村長選挙(2016/12/11 投票) 結果
2016年12月18日 投票
泉大津市長選挙(2016/12/18 投票) 結果

編集部のおすすめ

  1. ec1d995d77e210560e7fbc2170327615_s
  2. swarabi2
  3. Photo Mar 25, 20 19 09
  4. ishida
  5. 自由民主党広報部提供
  6. 2fb2527317aca1e1823a2f1e5a152859_s
  7. Commonwealth Club on Flickr
  8. ec1f16ca15f4bed465daf9768c53f1f0_s
  9. 総務省 ふるさと納税ポータルサイト
ページ上部へ戻る